有害物質の制限に関係あるROHS10物質!

特定危険物質を削減

レディ

代替え品を開発

ROHS指令は現在10種類の環境や人間に悪影響を与える物質を特定し、使用量を制限することを目的としています。ROHS指令で特定されている物質をROHS10物質と呼び、基準値が非常に厳しいことからほぼ使用することができないものとされていて、代替え品の対応が緊急対策になっています。ROHS10物質に新たに指定されたフタル酸エステルは、樹脂コードを柔らかくするための添加剤として使われていて、ROHS指令に入る前まではテレビや冷蔵庫などの家電製品で普通に使われていた物質でした。従来から指定されていた鉛や水銀は人体に悪影響を与えると昔から知られていた物質なので、鉛を使用しないはんだや水銀を使っていない電池など代替え品の開発が進んでいました。しかし、フタル酸エステルは製品作りに有用で、これまで代替えをしようという取り組みはありませんでした。しかも、樹脂コードは海外製品のものも多く、日本からチェックをしようと思ってもなかなか手が回らない実情がありました。このようにROHS10物質を全て代替え品に置き換えることは難しく、大手家電メーカーでも対応に追われています。しかし、対応が難しいだけあって対応ができた場合には、唯一無二の存在になり、EU圏内では敵なしになります。すぐに代替え品への対応が難しい製品の場合には、猶予期間が設けられているので、その間にROHS10物質をなくす取り組みをするようにしてください。

Copyright© 2018 有害物質の制限に関係あるROHS10物質! All Rights Reserved.