有害物質の制限に関係あるROHS10物質!

検査機関のサービス内容

科学

会社によっては手厚い内容

ROHS指令で規制された物質は6種類、ROHS2指令で規制された物質は4種類で、合わせたものをROHS10物質と呼びます。多種多様な電気・電子機器は、ROHS10物質を含んでいるとEU加盟国を始めとする欧州各国に輸出ができません。税関で検査されROHS10物質が検出されれば、部品交換などを迫られます。そのため、製品の設計段階でROHS10物質を含まないように注意することが重要になります。そして、製品完成後はROHS10物質が含まれないことを検査で証明し、CEマークを貼り付けなければいけません。自社で検査部門を設けるのも一つの方法ですが、第三者機関による検査の方が信憑性が高いです。検査機関の中には、分析サービスだけでなく、ありとあらゆるサポートを行っている会社もあります。多岐にわたる規制に精通しているので、ROHS10物質に限らず他の規制対象になっている物質の指摘も可能ですし、代替材料を使った場合の信頼性の評価や不具合の解析も可能です。それから、設計段階でROHS10物質が含有していなくとも製品が製造される段階で含まれる可能性はゼロではありません。ですから、そうした不安を取り除くべく、製品含有化学物質管理システム管理や運用体制の構築を行ってくれる会社もあります。また、海外の工場でも対応してくれ、現地スタッフの教育も行ってくれる場合もあるので、徹底した管理体制を構築したい場合はこうした手厚いサービスを利用するのも一つの方法です。

Copyright© 2018 有害物質の制限に関係あるROHS10物質! All Rights Reserved.