有害物質の制限に関係あるROHS10物質!

新規制に対応する取り組み

男性

品質向上に役立つサービス

改正ROHS指令において、これまでの規制対象の6物質に加えて、新たに4物質が規制対象になりました。これまでの規制対象の6物質は、重金属や臭素系難燃剤に分類されていますが、新たな規制対象の4物質は、塩化ビニル樹脂等の可塑剤、つまり、フタル酸エステル類に分類されています。つまり、各企業では、ROHS10物質の規制基準を満たした製品作りをしなければ、EU内での販売は勿論のこと、EU向けの輸出も出来ません。その為、製造工程の見直しを図り、ROHS10物質の混入を防ぐ対策を講じる必要があります。また、完成品に対する品質評価も強化しなければなりません。具体的には、ROHS10物質の含有分析機器を導入したり、ROHS10物質の含有分析サービスを利用したりすることが必要です。特に、時間面や費用面で効率化を図りたい場合には、受託分析を実施している業者に依頼するのが無難と言えます。更に、その業者に関して、電子機器メーカーとしての実績も十分に積んでいる場合には、信頼性の高い分析結果を得られます。何故なら、その業者も改正ROHS指令への対応に迫られていて、ROHS10物質の含有分析を実施しなければならない状況に置かれているからです。改正ROHS指令の規制開始日が迫る中、現時点においてもROHS10物質を含んだ製品が出回っていることから、各企業では、迅速に対応策を講じると同時に、ROHS10物質の含有分析依頼先の選定を急ぐ必要があります。

Copyright© 2018 有害物質の制限に関係あるROHS10物質! All Rights Reserved.