有害物質の制限に関係あるROHS10物質!

分析するには

顕微鏡

分析をする方法

ROHS10物質が自社の製品に入っているかどうかを調べたい時は、ROHS10物質について知り尽くし、分析ができる業者に依頼をする必要があります。ROHS10物質とは、ROHS指令で禁止されている6つの物質とROHS2.0指令で禁止されている4つの物質を合わせたものを言います。これらが入っている製品はEUへの輸出を完全に禁止されています。ですので、EUへの輸出を考えている場合、電子機器等を作る時はこれらが入っていないかどうか専門の業者に依頼をする事は必須と言えます。業者は、あらゆる認定試験所と協力体制を取っているので、確実な結果を得られます。確実な結果を得られるので評判は最高にいいです。また、世界でも最大級と言える研究機関と提携をしているので、他に調べたい事がある時でも対応可能です。ROHS10物質を分析したい場合の相場や費用についてですが、完成品か部分のみか等ケースによって異なります。ですので、知りたい場合はまず業者に質問をする事をおすすめします。ROHS10物質分析についての一連の流れについてですが、まずは業者へ注文書と分析試料を送ります。到着したら業者がすぐに分析を行います。分析は約1週間程度かかる事が多いです。分析が終了したら業者から連絡が入ります。その後、業者から分析結果と請求書が納付されます。後は請求書の金額を振り込み終了です。企業の多くが業者の丁寧な対応で再度依頼するケースが多いです。

Copyright© 2018 有害物質の制限に関係あるROHS10物質! All Rights Reserved.