有害物質の制限に関係あるROHS10物質!

科学

検査機関のサービス内容

電気・電子機器作りは、設計から製造まで徹底的に管理してROHS10物質を含ませないことが大切です。最終的にROHS10物質が含まれないことを検査機関に分析してもらいますが、製品含有化学物質管理システム管理や運用体制の構築も手がけてくれる会社もあるので、利用するのも一案です。

顕微鏡

分析するには

ROHS10物質をしっかり分析する事で環境に優しい製品である事をアピールする事ができます。そんなROHS10物質ですが、ROHSについて知り尽くしている業者に依頼する事で分析可能です。依頼は簡単で、業者の対応は丁寧ですので、新製品を作る度依頼する企業は多いです。

レディ

特定危険物質を削減

ROHS10物質を使わない代替え品の開発が国内外の多くの業種のメーカーで進んでいます。ROHS10物質のひとつのフタル酸エステルは有用な物質で代替え品がなかなか見つからないのですが、その分対応ができるとEUで販売を独占できたりとメリットがあります。

実験

欧州による環境規制

ROHS10物質とは将来環境を汚染させる可能性の高い物質10種類を指します。これはEU加盟国といくつかの国内で適用される法律ですが、これらの国への輸出品も対象となります。家庭用電化製品や照明器具、電動工具など、一般的な製品のほとんどが対象機器なので、ROHS10物質不使用の製品設計が大切です。

男性

新規制に対応する取り組み

ROHS10物質の中には、人体に悪影響を及ぼすフタル酸エステル類に属する4物質が含まれていますので、早急にその物質を含む製品作りを中止し、人体に害を与えない物質に置き換えた製品作りに切り替える必要があります。また、ROHS10物質の含有分析は、電子機器メーカー系の受託分析業者への依頼が最善策です。

有害物質の制限

男性

基準値を超えない対策

ROHS10物質とはEU内で規制されている、電子機器等に含まれる有害物質の使用制限を示すものです。この物質の中には、ROHS指令で規制されている鉛や水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEなどの6物質に加えて、ROHS2.0で規制されているDEHPやDBP、BBP、DIBPの4物質になります。その制限量はカドミウムが100ppm以下となり、その他の物質は1000ppm以下となります。ROHS10物質制限の歴史この規制は、EU内において環境汚染物質の拡散に対する対策として2006年7月からROHS指令が施行されました。その後、2015年6月にROHS2.0で新たに4物質が追加され、10物質がこの対象となっています。よって、EU加盟国での生産やEU加盟国に商品を輸出する場合は、この基準値を超えた商品を販売できないことになっています。日本国内においては、ROSH10物質の制限はありませんが、EU加盟国においても日本製の電化製品を販売している企業も数多くあり、少なからず影響が出ています。ROHS10物質規制への対策等有害物質の制限があることで、企業が電子機器等を生産する際に、他の物質で代替えするなどして対策しています。しかし、ROHS指令においてはその代替物質については言及がないために、各企業努力において対策しているというのが実情です。このROSH10物質の規制により、環境汚染に対しての効果はあるものの、日本国内でも将来的に禁止になる可能性があるので、その場合は生産物質の大きな見直しをしなければならない企業も出てきます。その場合は、生産した商品を業者に対しての有害物質の測定を依頼する必要性が出てきます。

Copyright© 2018 有害物質の制限に関係あるROHS10物質! All Rights Reserved.